インフルエンザは毎年流行するとわかっていますから、皆さんも予防接種やマスク、手洗いうがいなど様々な対策をとっていると思います。インフルエンザは発症前にある潜伏期間のうちに薬で症状を抑えることが可能です。こちらでインフルエンザと薬について紹介していきます!

  • ホーム
  • インフルエンザになったときの食事のメニュー

インフルエンザになったときの食事のメニュー

身体の節々が痛んだり、高熱が出たりしてとにかく辛いインフルエンザですが、しっかり食事で栄養をとらなければなかなか症状が回復することはありません。
寝ているだけでも辛い時には点滴や薬で栄養を補うこともありますが、やはり食べ物から栄養を補給したほうが治りは早いです。
そのため、インフルエンザの時でもできるだけ食べやすさを重視して、メニューを厳選しつつ食事を摂るようにしましょう。

まずは、水分が足りない状態にならないようにお水やポカリスエット、アクエリアスなどでしっかり水分補給をしましょう。
この時の飲み物は冷えたものではなく、常温で保管しているものがおすすめです。
冷えた飲み物は喉の通りはいいものの、お腹を壊したり身体全体を冷やしてしまうのでインフルエンザの時には適していません。
また、ポカリスエットなどのスポーツドリンクは糖分も一緒にとれるのでおすすめです。
甘すぎたり、何と無く味が濃いように感じる時には水で薄めて飲むと飲みやすくなります。

食事については、食べやすさと消化不良を起こさないためにすりおろしりんごやおかゆ、暖かいうどんなどがおすすめです。
もっとボリュームのあるメニューが食べられたとしても、後から消化不良になるとその後の食事がとれなくなってしまうので無理は禁物です。
もし、ごはんや麺などの固形物を食べるのが辛い時はスープなどの水分だけでも飲んでおきましょう。
また、これらのメニューについても暖かいものか、常温の状態で食べると身体により優しい状態で食べられます。
すりおろしりんごについてはそのまま食べてもいいですし、ヨーグルトなどと混ぜて食べてもいいでしょう。

インフルエンザになると、食べ物を食べることがイマイチイメージ出来ないですが、自分が食べやすいと感じるものをできるだけこまめに摂るようにしましょう。
ひとまずは水分補給をしっかり意識して、脱水症状が起こらないように管理することが大切です。

インフルエンザになったとき控えたほうが良い飲食物

インフルエンザになった時、食べやすいものを優先して食べるようになりますが、中には変わらず食欲がちゃんとあるのでなんでも食べられるタイプの人もいます。
しかし、できるだけ避けておいたほうがいい食べ物がいくつかあります。

まず、インフルエンザに限らず風邪などの時もそうですが、アルコール類の摂取は控えておきましょう。
お酒が大好きな人も、インフルエンザの時は休肝が必要です。
疲れている時にアルコールを摂取すると、いい影響は及ぼしません。

また、揚げ物などの油脂類もおすすめしません。
唐揚げ、トンカツなどの揚げ物類はとても美味しいですしインフルエンザでなければもちろん食べてもオッケーなのですが、油脂類はお腹を壊したり、胃を荒らしてしまったりこちらもあまりいい影響はありません。

もし、どうしても食欲もあるし揚げ物を食べたい、という時にはとりあえず味が少し濃いものを食べて味覚をごまかしましょう。
インフルエンザの時は基本的に味が薄めのものをよく食べるので、食べても食べても薄味、というのに飽きてしまいます。
例えばおかゆの味付けをちょっと変えてみたり、うどんに違うトッピングをしてみるなど、変えられる範囲で変えてみて、飽きを回避しましょう。

インフルエンザになると、通常7日ぐらいはなかなか症状が回復しません。
そのため、できるだけ自分の食べやすさ重視しつつ、身体にいいものを食べるように心がけましょう。
無理におかゆやすりおろしりんごばかりを食べる必要はありませんが、ファーストフードや油物などは避けつつ、ストレスが溜まらない範囲で管理するのがおすすめです。

何を食べたかなど、記録をしっかり残しておくのも後から見返せるのでおすすめです。