インフルエンザは毎年流行するとわかっていますから、皆さんも予防接種やマスク、手洗いうがいなど様々な対策をとっていると思います。インフルエンザは発症前にある潜伏期間のうちに薬で症状を抑えることが可能です。こちらでインフルエンザと薬について紹介していきます!

  • ホーム
  • インフルエンザが潜伏や発症しててもお風呂はOK?

インフルエンザが潜伏や発症しててもお風呂はOK?

インフルエンザは感染しやすい病ですから、家族間で感染してしまうことは珍しいことではありません。
発症はしていなくても、潜伏期間があります。
だいたい1~2日間でしょう。
これだけ短い期間ですが、一気にインフルエンザウイルスが増えるので、早く発症します。

インフルエンザが発症すると38度以上の高熱が出たり、節々が痛くなる、くしゃみやせきが出るなどします。
飛沫感染するので、一緒に住んでいる家族のためにもお風呂に入らないようにしましょう。

特に、高温が出ている時は体もふらつきやすいですし、お風呂に入ることはとても危険です。
体力を消耗してしまうので、かえってインフルエンザを悪化させてしまう恐れがあります。
体を清潔にできますが、体が弱っている時は休んだほうが良いです。

熱が下がってもあまり体調が良くない時もお風呂に入らないようにしましょう。
せっかく快方に向かっていたのに、また悪化する恐れがあるからです。
無理してお風呂に入るのではなく、ぬれたタオルで体をふくだけにしておきましょう。
これは、潜伏期間もそうです。
一気に体調が悪化しかねないので、お風呂は我慢したほうが良いです。

熱が下がって食欲が戻ってくるなど、体力がかなり回復してきたと思ったら、お風呂に入っても大丈夫でしょう。
もともとインフルエンザウイルスは、湿度に弱いので、体調さえ回復してきたら、浴室で体をさっぱりとさせても構いません。
ずっと体を洗えないと早くシャワーだけでも良いから浴びたくなるでしょう。
体力さえ回復すれば、もう大丈夫です。

あくまでも、自分の体力と相談して決めてください。
インフルエンザを発症してからどれくらいの日数が経ったらお風呂に入って良いのかとはっきりとは言えません。
個人差があるからです。
人それぞれインフルエンザから回復するまでの期間は全然違います。
体調が悪い時は、とにかく安静にして、早く治すことに専念してください。
無理をしないことです。

家族間で入浴時にインフルエンザに注意すること

体調が戻ってきたら、お風呂に入れますが、家族間で気を付けて欲しいことがいくつかあります。
体調がよくなってきたとはいえ、油断しないようにしてください。

湿度に弱いウイルスとは言え、多少はインフルエンザウイルスが生き残るので、念のためにインフルエンザにかかった家族は最後にお風呂に入ってください。
他の家族への感染を食い止められます。

しかし、これだけでは不十分です。
インフルエンザウイルスが付着しているタオルを他の家族が使わないようにしてください。
飛沫感染するので、浴室から出る時は、ドアノブやスイッチなどを拭いておきましょう。
除菌シートなどを使うようにしてください。

体力が回復しても、本調子ではありませんから、脱衣所は温めておいてください。
脱衣所が寒いとぶり返す恐れがあります。
最後に入るとは言え、なるべく前の家族が出てから時間を空けないほうが良いかもしれません。
まだ、脱衣所が温かい時に入りましょう。

お風呂が大好きな人でも、まだ体力が十分に回復したわけではないので、あまり長時間入浴しないでください。
シャワーだけで軽く済ませるくらいの方が良いかもしれません。
温かいお風呂は気持ちが良いですが、体力を消耗してしまうので、無理をして湯船に浸からないようにしましょう。
まだまだインフルエンザとの戦いは終わっていないからです。

浴室は、かなり湿度が高いため、赤ちゃんや幼い子供がインフルエンザに感染したために、家族で一緒に入らないといけないこともあるでしょう。
しかし、インフルエンザウイルスは湿度に弱いのであまり気にする必要はありません。
タオルは必ず別にしたり、短時間で済ませれば家族に感染したり、悪化しなくて済みます。

サイト内検索
人気記事一覧