インフルエンザは毎年流行するとわかっていますから、皆さんも予防接種やマスク、手洗いうがいなど様々な対策をとっていると思います。インフルエンザは発症前にある潜伏期間のうちに薬で症状を抑えることが可能です。こちらでインフルエンザと薬について紹介していきます!

多様な薬

リレンザはインフルエンザウイルス感染症の治療に用いられる薬です。
日本では2000年12月にグラクソスミスクライン社から発売されました。
この薬はノイラミニダーゼ阻害薬という種類の薬で、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があります。
ノイラミニダーゼ阻害薬には他にもタミフル、イナビル、ラピアクタの3種類がありますが、この中でもリレンザは最初に日本で発売されたノイラミニダーゼ阻害薬です。
リレンザは吸入タイプの薬です。粉薬の中に有効成分が入っており、それを呼吸とともに吸い込むことによって肺に薬を到達させ、肺から吸収させる薬です。
リレンザは1日2回吸入し、これを5日間使用し続けます。
5日間使用し続けるのはインフルエンザウイルスが生き残ってしまい、リレンザに対する耐性ウイルスができないようにするためです。
ちなみに1回に2吸入するので、5日間で合計20吸入することとなります。
リレンザの使用で気を付けなければならないことは、異常行動です。
近年タミフル服用中に異常行動を起こし、マンションの高層階から飛び降り死亡する事件が起こりました。
しかしこれはタミフル服用中に限ったことではなく、リレンザやイナビルの使用中にも起こることが報告されています。
タミフルやリレンザの異常行動との因果関係は未だ不明のままとなっていますが、発熱時に起こりやすいようなので、少なくとも発熱時には異常行動を起こさないかどうか注意しておくとともに、窓に近い場所に居させないなど事前に対策をとることが重要となります。
特に10代の年齢層でこういった問題が起こりやすいとの報告があるので、この年代の場合には家族が気を付けてあげるようにしましょう。